忍者ブログ

Rockオタク

オタクと言われるくらいロック大好きな人のブログです。
2017
10,22

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012
06,04
嘉門達夫というと面白い歌を歌う人という印象が強く、私がどんな歌よりも歌詞を意識して聞く、数々の曲を作品としてお持ちの方です。
 
最近では子供番組でもこの面白さが復活しているようで、ちゃんと子供向けの歌詞にリニューアルしているようです。
内容によってはかなり刺激の強いものもあったはずなので、そのあたりはわきまえているようです。
 
最近我が家の息子がよく口ずさんでいるのは、「アホが見るブタのけつ」という歌と、「鼻から牛乳」という歌です。
よくお風呂に一緒に入っている時に終始口ずさんでいるのですが、私はその内容を聞いていつも笑ってしまいます。
 
日常的によくある風景を歌詞にしているのですが、なるほどみんな思い当たる節があるにもかかわらず、
どうして今まで取り上げなかったんだろうという、万人に共感を得ることのできる内容になっています。
 
子供達にもちゃんと意味がわかるような内容になっているので、大人も子供も楽しむことができますね。
このような歌詞を考えるのもひとつの才能なのだと思います。
 
音楽としてはまったく異色の文化だと思いますが、無くなってしまうことは避けたいほど面白いですね!

◎過去をやり直しできることの代償
あの日あの時に戻れたら・・・。
 
誰しもが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?
 
そんな『あの日あの時』に戻って過去をやり直しできる映画が『バタフライエフェクト』です。
 
とても羨ましい設定にも思えますが、ラストシーンには考えさせられてしまう、奥の深い映画です。
 
主人公が、過去の後悔した出来事を変えて『現在』に戻るたびに『現在』が変化していきます。  
 
好きだった幼なじみの女の子を救い『現在』に戻ると彼女と交際をしていて大学でも人気者になっていたけど、事件に巻き込まれて瀕死の状態になってしまったり。
 
親友の人生を救うために過去に戻り、過去の出来事を変えて『現在』に戻ると、自分の人生が酷いものになっていたり・・・。
 
また自分の人生を救おうと過去を変えると、愛する人達の人生が酷いものになってしまう・・・。
 
愛する女性の人生を救うために、最後に主人公がとった選択は・・・?
 
主人公の選んだラストシーンが、切ないです。
 
過去を都合良くいじってしまうと、そのぶん大きな代償が降りかかってくるという、考えさせられてしまう映画ですが、実はこの映画のラストシーンは2パターンあるんです。
 
劇場公開バージョンとDVD用のラストシーン。
 
DVDなどでは2パターンとも観ることができると思いますので、よりお気に入りのラストシーンを見つけて下さい。
PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
借金相談
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]